FC2ブログ

ビジネスサイト立上げで注意すべき点

不労所得を稼ぎ出すキャッシュマシーン


ブログやホームページなどのWEBサイトは、私達のようなネットで稼ごうとしている人に多く活用されています。

中でもブログは無料版のものでも機能が充実していますし、初心者でも簡単に自身のWEBサイトが持てることから最も人気の高い媒体なのです。


このようにブログなどを活用し販売力ある媒体として構築作業へ入った際に、私が最も意識していることは「いずれ不労所得を稼ぎ出すキャッシュマシーンへと成長させる」と言うことです。

勿論、ブログを立ち上げたからと言って、それだけで不労所得が期待できるわけではありません。

当サイトでも紹介している通り、良質なコンテンツを蓄積する為に内容が濃く専門性が高い記事作成などは絶対に必要になるわけですが、その記事数は短期間で簡単に作成できるような数量ではありません。

※関連記事『ブログ記事更新がサイト評価に与える影響』

しかし、永遠に長時間の作業が必要になるようでは、たとえ収入に繋がっても不労所得ではなく労働収入になってしまいます。

100%完全な不労所得ではないにしても、ある一定の仕組み作りが完了したら、後はわずかなメンテナンスで安定収入を得れるようでなければ意味がないのです。





仕組み作りに費やす時間は将来への投資


立ち上げたサイトがあまり手を加えなくても大きな収入を安定的に稼ぎ出すようになれば、それはあなたにとっての貴重な財産となります。

その財産を手に入れる為にも、立ち上げ当初の仕組み作りは重要です。
但し、仕組み作りは1週間や1か月で出来るほど甘くありません。

ネットで稼ぐ為の成功体験を有している人でさえ2~3か月は最低必要になります。
これが初心者となれば、殆どの人はそれ以上の時間を必要とするのは当然の事なのです。

※関連記事『すぐには現れないブログの効果』

「お金を稼ぐ」と決意したのなら、成果が思うように現れなくても半年や1年は打ち込む必要があります。

アフィリエイトにしろネットオークションにしろポイントサイトにしろ、1年間本気で打ち込んで1万円も稼げない人は恐らくいません。
稼ぐ為に本気なら納得いく金額ではなかったとしてもネット収入は得ているはずですし、何よりビジネスのノウハウは確実に蓄積されているはずです。





将来的に手間のいらない仕組みを作る


ブログであれホームページであれ稼ぐ為には検索で上位表示されることが絶対に必要です。

つまりSEO対策が重要なポイントとなるわけです。

但し、ビジネス参入者があまりにも多い分野では競争が激しく、頻繁にSEO対策の見直しも必要となります。
これではまた労働所得へ逆戻りになりかねません。

私達が勝ち抜いていく為には、需要の高い商材を扱いながらもライバルが多いレッドオーシャンはなるべく避ける必要があります。

とは言うものの、需要の高い商材を扱うマーケットでは総体的に見ると概ね競争が激しいのが実情です。
しかし、あくまで総体的に見ての話しであって、消費者層を色々なカテゴリ別に分けてみると隙間的なマーケットも結構見つかるものです。

扱う商材をじっくり考え、マーケットの需要状況を分析しSEO対策をすれば、ある程度の仕組み作りの後不労所得を稼ぎ出すサイト作りは可能になるのです。

※関連記事『スモールキーワードが稼げる理由』
     『集客増加に繋がるキーワードリサーチ方法』
     『物販アフィリエイトで商材を選ぶ方法』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『ネットビジネスの稼ぎ方まとめ』

関連記事

常連型と一見型のネットユーザーに見られる傾向

常連型と一見型ではどちらを多く集客すれば稼げるのか?


WEBサイトを運営してネットで稼ぐには、それなりのアクセス数が必要となります。

あなたが今ご覧になっているこのブログも、お蔭様で多くの読者の方々からご訪問頂いてネット収入の増加へ大きく貢献をしてもらっています。

アフィリエイトの売上やポイントサイトのダウンライン数も、やはりアクセスの増加に比例して徐々に拡大していくのです。


このようなサイト訪問して頂けるネットユーザーには、大きく2つに分類することができます。


度々同一のサイトを利用するリピーターと言われる常連型のユーザーと、何かの情報を基に検索で引っかかってくる一見型のユーザーです。

但し、常連型の人も元々は一見型のユーザーなわけで、訪問するサイトが有益であると感じたり更新記事が魅力的であると感じることによって常連化されるわけです。

したがって、サイトやブログでネット収入を得る為には、一見型のユーザーを集客する仕組み構築が重要なポイントであると言えるのです。





常連型と一見型のユーザーがサイトへ与える影響


サイト運営やブログ運営にも色々な形式があるわけですが、常連型のユーザーを抱えることによって大きく収益化が進む形式と言えば、やはりネットショップのような作り方でしょう。
特に消耗品などの商材を扱うサイトでは、常連型ユーザーが大きな財源となります。

一方で、当サイトのような形式は一見型のユーザーがポイントサイトや、その他のアフィリエイト商材に興味を持ち、一度登録や購入をしてしまえばその後常連型へと変化してもサイト自体から売上が発生するようなものはあまりありません。


但し、だからと言って常連型のユーザーは無視して良いと言うわけではありません。


当サイトでは初心者の方を対象にネットで稼ぐ為のレクチャー記事や、色々なネットビジネスの種類についてなどを情報提供をしています。
情報が古くならないように定期的な更新も行い、常に訪問ユーザーへ有益な情報提供をしようと心掛けているのです。

このような取り組みは、一見型ユーザーが更に興味を抱いて常連型へ変化してもらうことを期待したものなのです。


では、なぜ常連化してもサイト内で収益化が期待できないのに常連型ユーザーを集客しなければいけないのでしょう。


それは、常連型ユーザーとのネットワーク構築が更に一見型ユーザーを呼び込む材料となるからです。

当サイトでは常連の方からも度々メールを頂いたり、コメントを頂いたりしています。

このようなコミュニケーションで構築されたネットワークにより、常連型ユーザーが当サイトの情報を拡散してくれることもありますし、「ゲットマネー」「げん玉」へ登録して当サイトで習得した稼ぎ方を実践し私のダウンライン報酬の拡大に貢献して下さったりしているのです。

特に「げん玉」は3ティア制を導入していますので、常連型のユーザーが獲得したダウンラインからも報酬を得ることが可能になります。

『げん玉が稼げる本当の理由とは?』
『ゲットマネーで本気で稼ぐ方法』
『半年で友達紹介1000人獲得する方法』

一見型ユーザーを多く集客することが重要なポイントではあるものの、結局は訪問ユーザーを常連化できないようなサイト内容では、訪問はしたものの興味を示さず即離脱と言うことになりかねません。

この2つのタイプのネットユーザーから受ける影響を十分に理解し、良質のコンテンツを作成し提供を継続しれ行けば、様々な相乗効果を生む良質のサイトが完成していくのです。





一見型ユーザーを多く集客する方法


一見型ユーザーを多く呼び込むには、検索結果の1ページ目か2ページ目までに自分のサイトを表示させる必要があります。

検索上位表示をさせる為に必要なのがSEO対策なのですが、色々なSEO対策の手法がある中で最も長期的に有効なSEO対策は良質のコンテンツを作成し提供することです。

つまり、専門性が高く情報量が多いサイトを作り上げることが必要なのです。

特に情報量の多さは重要で、その為には情報を蓄積する為の多くの記事作成が必要となります。

高度なSEO対策の方法や外部委託してお金を掛けながら取り組む方法など色々ありますが、先ずはあまり難しく考えず自分が良いと思える文章を作成し、できるだけ多くの記事を更新していくことが、一見型ユーザーを呼び込む為の最も有効な方法となるのです。

更新作業に慣れてきたら、検索に引っかかりやすいキーワードなども盛り込みながら更に記事の質を高めていきましょう。

『集客増加に繋がるキーワードリサーチ方法』
『有効なコンテンツをつくる4つの方法』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『ネットビジネスの稼ぎ方まとめ』

関連記事