FC2ブログ

コンテンツが優良であると評価される基準とは

IT業界の重鎮Google(グーグル)の力


ブログなどのWEBサイトの運営では、SEO対策は欠かすことのできない取組の一つです。

色々なSEO対策の手法がある中、正攻法且つロングテールを実現できる取り組みは、優良なコンテンツの積み上げであると言われています。

したがって、私達は運営サイトを検索上位へ押し上げる為に、良質な記事を作成し数多く蓄積していく必要があるのです。


しかし、作成したコンテンツが優良であると誰がどのように判断して検索順位を決めていくのでしょう。


私達の利用するWEB上の世界は、現時点で良くも悪くもGoogle(グーグル)の天下です。
つまり、WEB上に誕生したコンテンツはIT業界の重鎮であるGoogleが評価し検索順位を決定しているのです。

Googleはコンテンツを評価する際に、検索ロボットがWEB上のサイトを巡回し膨大なデータを基に判断基準に照らし合わせます。
多くの基準をクリアできれば優良なコンテンツとして判断されますし、クリアできなければ粗悪なコンテンツと判断されます。

人間が良質か否かを判断するのであれば十人十色の基準が出てくる場合もあるわけですが、ロボットが判断する基準は予め設定されている特定のものが基となります。

このようにして私達の運営するサイトは検索順位が決められていくわけですが、特定の基準でロボットが判断するのであれば、判断基準をある程度理解していれば、優良なコンテンツと認められる記事も作成し易くなるのではないでしょうか。





Google(グーグル)のコンテンツ判断基準


Google(グーグル)は検索順位に影響を及ぼす判断基準を明確には公表していません。
したがって、確実なところは誰にも解らないわけですが、業界で優良なコンテンツの判断基準であろうと言われている項目は幾つかあります。



テキスト内容(記事内容)のオリジナリティー


記事内容にはオリジナリティーが求められます。他のサイトから記事を引用したり、リライトする場合には注意が必要です。
この場合、あくまでもテキスト内容のオリジナリティーのことであり、例えばテンプレートなどで他のサイトと同じデザインを使用したりすることは問題ありません。



情報公開の順番


類似する情報がネット上では幾つも公開されているわけですが、私達の目にはわからなくてもGoogleにはどの情報が1番最初にアップされたコンテンツなのか判断できます。
したがって、全く同じ情報を提供する記事であれば、2番目、3番目にアップされたコンテンツは不利な状況になる可能性があります。



記事の文字数


文字数が多い記事が良いとは言い切れませんが、専門性が高く質の高い記事を作成しようとすれば、必然的にそれなりの文字数になるはずです。
文字数が多い記事程、Googleが優良と判断する傾向はあると考えられています。



訪問ユーザーの滞在時間


良質なコンテンツであると判断される基準の一つに、WEBサイトの滞在時間や直帰率なども影響するのではないかと考えられています。
良質であるほど滞在時間は長く、直帰せずに他のページを回遊する率が高くなると考えられているのです。





私達のコンテンツ判断基準


一方、私達人間が優良なコンテンツと判断する材料は人それぞれ違います。
視覚に飛び込む画像や感情に訴える文章内容など、感覚的なものから内容の具体的な質にまで幅広く基準が設けられるわけです。

中でも、人間の判断基準として代表的な項目をいくつか挙げてみましょう。


WEBサイトのデザイン

新鮮な情報の掲載

求めている具体的な情報の掲載

文章のわかりやすさ

読みやすい字体、レイアウト、文法

有益且つ価値ある情報

続きが読みたくなる文章力


以上のような項目が優れていると判断されるWEBサイトは、私達人間にとって質の高いコンテンツとして受け入れられるでしょう。





Google(グーグル)と人間の共通する基準を強化する


私達がWEBサイトの検索順位を上げるには、何はともあれGoogle(グーグル)を意識せざるを得ません。
しかし、検索で上位表示された後に多くのネットユーザから納得してもらい、リピーターとなってもらうにはロボットではなく個別のユーザーから指示されなければいけないわけです。

つまり最も優れたコンテンツを作るには、Googleと人間の基準をクリアできるだけでなく、双方の共通する基準をより強化していくことが必要と考えられるのです。

勿論、簡単な事ではありませんが、これができれば間違いなくロングテールが可能になるはずです。




以上、『コンテンツが優良であると評価される基準とは』を紹介しました。

これからの記事作成の参考にして頂ければ幸いです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事

Google(グーグル)の考え方を知ることは成功への基本

Google(グーグル)はネット業界の重鎮


インターネットを利用する人でGoogleを知らない人は、利用しているかいないかに拘らず恐らくいないはずです。

今や世界有数の大企業となったGoogleはインターネット業界を掌握し、われわれネットユーザーへ与える影響は絶大です。

更に、ネットビジネスへ携わる企業や私達個人のマーケッターが強く意識するSEO対策などは、Googleの影響力が全てと言っても過言ではありません。


インターネットユーザーの80%以上が検索エンジンを利用し、その殆どがGoogle、Yahoo、bingの検索エンジンを利用します。
中でも圧倒的に多いのがGoogleです。(GoogleとYahooの検索エンジンは共通ですので同一のアルゴリズムとなります)

つまり私達がインターネットを利用してビジネスをしようと考えるのであれば、良くも悪くも圧倒的な力を持つGoogleの考え方に従わざるを得ないのです。





Google(グーグル)が評価する優良なサイトとは


一大企業となったGoogleは様々な取り組みを行っています。そして莫大なデータを蓄積しているわけです。

Googleの収益の大黒柱は広告収入です。
多くのネットユーザーに検索エンジンを利用して答えを見つけてもらい、その至る場所へ広告を掲載し莫大な収益を得ているのです。

その為、Googleはネットユーザーの信頼を勝ち取る為にも、広告主からの受注を拡大する為にも、スパム対策や関連性の低い検索結果を削除していく動きに必死になっています。

私達がビジネスに利用しようとして作成するサイトについても、Googleは良いサイトなのか或は悪いサイトなのかを判断し、よりクオリティーの高い検索結果をネットユーザーへ届けようとしています。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
・コンテンツが外注などにより量産されている
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?


ソース『Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス』
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html





Google(グーグル)の行動分析を応用する


Googleはネット上でユーザーがどのような動きをしているのか、動きにはどのような傾向があるのかなど、莫大なデータを蓄積し、情報分析しています。

・どのようなユーザーがが何をクリックしたのか
・ユーザーがページにどれだけの時間滞在したのか
・ページ滞在後次に何をしたのか
・何を、どこで買ったのか
・その他多数の情報


簡単に例を挙げてみるとこんな感じです。

では、なぜこのようなデータ収集を徹底的に行うのでしょうか?

Googleはネットユーザーへ様々な視点から強力な支援をしようとしています。人物、場所、ニュース、イベント、セール、そして、データを一瞬で見つけることが出来るように支援しているわけですが、より情報の的確さや利便性の向上などを図る為に徹底的なそして膨大なデータ収集が必要となるわけです。

このようなネットユーザーの行動分析は私達が運営するサイト内でも応用できますし、とても重要です。
行動分析はアクセス解析ツールを設置することで、色々なデータを集められますので、自分のサイトへ訪問するユーザーの特徴や傾向などを分析してみましょう。

『Lv28 サイト分析が100%の稼ぎを引き出す』
『アクセス解析で重要な5つの指標』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事

ソーシャルメディアマーケティングの難易度と効果

ユーザーとのギャップが生じては効果がない


ネット上にはブログやSNS、電子掲示板などの様々なソーシャルメディアが存在し、私達も多く目にします。

これだけ多くの人々へ浸透しているソーシャルメディアは、私達のようなネットで収入を得ようとするものにとっては切っても切り離せないツールであって、有効なソーシャルメディアマーケティングを展開することは今や稼ぐ為の必須条件と言っても過言ではありません。

ソーシャルメディアマーケティングの種類も様々で、ネットビジネス初心者でもで比較的簡単にできるものもありますし、初心者には複雑すぎて難易度が非常に高いものもあります。


私達はなぜか「難易度が高いもの=効果が高い」「難易度が低い=効果が低い」と安易に考えてしまいがちなのですが、マーケティングで大切なことは「何を目的に取り組みに対する有効性を求めるのか」と言うことであって、必ずしも難しいものが大きな効果を与えるとは限らないのです。


ソーシャルメディアは基本的には、ネット上で不特定多数、或は特定のメンバーや組織と情報交換できるコミュニケーションツールです。

したがってソーシャルメディアマーケティングの基本はコミュニケーションを深めることで効果が発揮できるわけであって、そこから逸脱してしまうとサイトへ訪問してくれたユーザーとギャップが生じ、効果が発揮できなくなってしまう可能性が高いのです。





効果的なソーシャルメディアマーケティングの取り組み


私達のようなサイト運営するものが、訪問してくれるユーザーに対して心掛けなければいけないこと、それは価値ある情報を提供することです。

しかし、サイト訪問してくれるユーザーが全て同じ価値観を持っているとは限りません。
サイト運営を成功させるには、第一に元々共通の価値観を持っているユーザーを数多く集客する事が必要となります。第二に価値観を見出せていないユーザーに対しても私達の提供する情報が有益であると気付いてもらう必要があるのです。

このような第二の条件をクリアする為には、徐々に興味を示してもらえるような信頼関係を築くことが必要となるのですが、そこで効果を発揮するのがソーシャルメディアマーケティングなのです。




難易度が低く簡単な取り組み
・Eメール内のソーシャル共有ボタン設置

・WEBサイト上のソーシャル共有ボタン設置

・Twitterからのツイート送信

・マルチメディアの作成





若干難易度が高い取り組み
・ブログの開設と記事更新

・ソーシャルネットワーク内の交流

・SMO対策

・ブロガーとの関係構築




今回紹介したような取り組みは、初心者の方にとっても「それほど難しくない」と感じるものばかりではないでしょうか。

若干難易度が高い取り組みについては、継続力や運営者本人のコミュニケーション能力も問われるものなのであえて難易度が高い方へ分類しましたが、地道にコミュニケーションを深めることで、じわりじわりとその効果が現れてきます。

信頼が構築されたユーザーから更に他のユーザーへ情報を拡散してもらえる可能性も高まりますので、バイラルマーケティングの効果も期待できます。




※ソーシャルメディアについての関連記事
『Lv27 ソーシャルメディアで拡散する方法』
『Twitterでフォロワーを増やす8つの方法と7つの無駄』
『ソーシャルメディア戦略で重要な5つの基本』
『どのソーシャルメディアを活用すれば稼げる?』
『7倍の効果が実証されたツイートボタンの設置』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事