一気に記事数を増やす正攻法

ブログ開設後短期間で成果を出す為に


恐らく多くのブロガーが「気持ちよく記事作成に没頭して多くの情報を提供する」この課題を常に抱えているのではないでしょうか。

私の場合、「内容の濃い記事を毎日3~5記事は更新したい」と考えているのですが、あまり気乗りがしない日には1記事すら作成を怠ってしまっているのが現状です。。

但し、このノラリクラリとしたブロガー生活はあくまでも、ある程度のネット収入が得られるようになってからの話です。


ブログを開設したものの稼ぎ方もよくわからず、ネット収入が思うように得られなかった時期にはやはり来る日も来る日もひたすら記事作成に没頭しました。

勿論、記事作成が苦痛に感じる日も多くありましたが、「読者に有益な記事を作成し続ければいつか成果に繋がる」と信じ、記事作成に没頭したのです。


私の経験上、ブログ運営を軌道に乗せて安定収入を得るには、忍耐強く記事作成に没頭し良質のコンテンツを蓄積する期間は絶対に必要ですし、避けては通れない事でもあると考えるのです。


では、どのくらいの期間記事作成に没頭しなくてはいけないのか?


勿論、記事作成の作業が全く苦にならないのであれば永遠と没頭し続ける事が理想的なわけですが、記事作成には膨大な時間を奪われますし、何か月も何年も多くの記事を作成し続けることは困難です。

私のブログ運営の経験では、ブログ開設後50記事は1か月間で作成する必要があると考えています。
(50記事作成後も、なるべく早く300記事程度まで蓄積できるように定期的な記事更新は必要と考えます。『ブログ記事更新がサイト評価に与える影響』

1か月50記事と言うことは、1日2記事程度の作成は必要と言うことです。

もっと高い理想で言えば、ブログ開設後1か月で100記事程度作成できれば良いのですが、内容の濃い記事を100記事作成することはとても困難です。

記事数を増やすスピードのみに拘って内容の薄い記事を数多く作成しても、あまり効果は期待できません。

やはり、1000文字以上できれば2000文字程度の内容の濃い記事が必要となりますので、となるとブログ初心者の方々であれば、1か月50記事以上作成できれば上出来ではないかと思うのです。





記事数を増やすことが最も有効なSEO対策


SEO対策の主流は早い流れで変化していきます。
つい数か月前まで効果的だったSEO対策があまり意味のないものになっていたり、極端なものではスパム行為とみなされてしまったりすることすらあるのです。

昨今では、良質のコンテンツを蓄積し提供することが最も効果的なSEO対策と言われています。
ブログで言えば専門性が高く内容の濃い良質な記事を作成し、数多く蓄積していくことがそれに当たります。

このSEO対策の主流はサイトビジネスの原点に戻った基本的で最も重要な事と言えますし、今後も良質なコンテンツの作成はSEO対策の最も有効な手段であることは変わらないと私は考えています。

良い記事を作成し、数多く蓄積していくことは自身のブログを情報の宝庫と変身させます。
結果的に目先のアクセス増加に囚われたSEO対策とは違い、安定的に長期間効果を発揮します。

したがって、色々あるアクセス数を増加させる手法の中でも、良質の記事作成に没頭することは私達ブロガーの最優先事項と言えるのです。





一気に記事を書き上げる効果的な方法


今は自動で記事を作成するソフトや、ブログ記事作成を代行する業者なども存在しますが、「ネットで稼ぐ」そしてそのツールとして「ブログを活用する」と決めたのであれば、自分で稼げる実感を持てるようになるまでは、自身の手で記事作成するべきだと思います。

勿論、1か月で良質の記事を50以上も作成することは簡単な事ではありません。
でも、できるだけ効率的に一気に書き上げる為のコツは幾つかあります。

その最もおすすめしたコツは、先ず記事作成前にこれから作成すべき50の記事のテーマを決めてしまうことです。

例えば私のようなネットビジネス初心者の方へ稼ぎ方をレクチャーするような記事作成をしているブログでは、「全くの初心者が先ず必要とする情報・知識は何だろう?」「無理なく実践していける稼ぎ方は何があるだろう?」「実力のついてきたマーケッターが更に欲しい情報・知識は何だろう?」などと考えることによって、段階的に内容が充実していけるような記事のテーマを連想する事が出来るわけです。

この方法を実践してみると、不思議なことに一つのテーマを考えて記事作成作業に入った時と既に複数の連動するテーマを考えて記事作成作業に入った時では、後者の方スムーズに文章を書き上げることができます。

恐らく、複数のテーマを決めたことによって今後のブログ作成の大まかなストーリーが出来上がり、ストーリーに対しての肉付けがしやすくなった結果、一つ一つの記事作成もスムーズに進むのではないかと私は考えています。


このような手法で頑張って、記事作成に没頭すれば早ければ2か月程度でアクセス数の増加やリピーターとなる読者の増加などの効果が現れてきます。

また、あなたが頑張って記事作成に没頭できるようになれば、ブログ運営やネットビジネスはより楽しくなるはずです。

ビジネスを成功させるには集中力が必要です。時を忘れて没頭できるビジネススタイルを作り上げることが成功を収める為には最も重要なのです。




以上、『一気に記事数を増やす正攻法』を紹介しました。

更にブログネタに困った時、成果ばかりをあせってしまう時などはこちらの記事も参考にしてみて下さい。

『記事作成のネタ作りに活かせる12のコツ』
『すぐには現れないブログの効果』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『稼げるブログの作り方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら

オークションで稼ぐなら信頼を勝ち取れ

慎重な取引を心掛けるユーザーは増えている


本来「オークション」の取引形態は何種類かあるのですが、インターネットの浸透により私達が一般的に思い浮かべる「オークション」とは「ネットオークション」ではないかと思います。

ネットオークションはインターネットができる環境下ならば、誰でも簡単に落札者は勿論、出品者になることも可能です。

また、従来のオークションとは違い自宅の不要品から転売物、個人が作成した情報商材まで幅広い商材が売買できるのもネットオークションの特徴と言えるでしょう。


このようにインターネットの普及と共に急激に拡大したネットオークション市場では、市場の拡大に比例して年々トラブルに巻き込まれるケースも増加している背景があります。

ここ数年は、各オークションサイト運営側もこの事態を重く受け止め、トラブル抑止の為に色々な規制を設けたり、必死に利用者への注意喚起を呼び掛けています。


現状ではまだまだトラブルは多いものの、運営側のこのような努力や、利用者同士の情報交換などから落札者も出品者も安易に売買の判断をせずに、どのような点に注意して見極めたら良いのか慎重な取引を心掛ける人は多くなっています。





落札者の立場になって出品作業を行う


ネットオークションで稼ぐ為には当然出品者側の立場にならなくてはいけません。
落札者の中にも悪質な輩はいるのですが、やはり詐欺紛いのやり方などでトラブルを引き起こすのは圧倒的に出品者側です。

ですから、悪質な落札者に引っかからないような注意と共に、先ずは優良な出品者であることをアピールしながら落札者からの信頼を得ることが上手にネットオークションで稼ぐポイントと言えるのです。


落札者が入札の為に警戒する大まかな注意点とは

・信用できる出品者(または業者)なのか?
・出品物は本物か?
・違法なものではないか?


などです。

この注意点を明確にする為に、オークションサイト内外でわかる出品者や商品の情報を色々調べて落札の判断をするのです。

もし、自分が落札者だったらどんな出品者は怪しいと思うのか、どんな出品者だったら信頼できると判断するのか、先ずは落札者の立場になって考えてみることが大切です。





信頼される出品作業のコツ


商品の写真は色々なアングルから


ネットオークションで一番利用する際に先ず気になるのが、商品の写真です。
画像の良し悪しは売上に大きく影響します。

オークションサイトによって掲載できる写真の枚数に制限がありますが、先ずは商品の全体図を撮り、2枚目以降はブランド名やロゴやキズの有無などがわかるように撮影しましょう。



オークションページの作成は丁寧に


オークションページの作成は、入札する判断に必要となる情報を漏れなく記載しましょう。

商品の名称、状態、スペックなど出来るだけ細かく記載して下さい。
また、中古品の商品であれば出品しようと思ったきっかけなども記載すると効果的です。

その他に、梱包方法や発送方法、送料の有無などもあらかじめ決めて記載するようにしましょう。



落札後の入金連絡は丁寧且つ迅速に


ネットオークションでの振込金額は商品の落札額に送料・手数料を合わせた金額となります。

この時注意して頂きたいのは、送料の金額提示です。
送料は商品の重さを正確に計り、依頼する業者の設定通りの金額を提示して下さい。
慣れていない人だと、送料を多く落札者へ連絡してしまったりすることもあるので、万一、実際の金額と誤差が生じた場合は速やかに返金するようにしましょう。



梱包は頑丈且つ綺麗に


梱包資材は段ボール、クッション材、エアーキャップ、クラフト紙やクリスタルパックなど商品に合わせて使い分けましょう。
お金を掛けずに古新聞なども有効に活用すると良いでしょう。但し、商品が壊れないように梱包することは前提ですが、見た目も綺麗に梱包することを心掛けましょう。



落札者の評価を忘れずに


落札者の評価をすることは出品者側の評価にも繋がります。
ですから、必ず行って下さい。
通常、よほど酷い落札者でない限りは「非常に良い」で評価するのが慣例です。




以上、『オークションで稼ぐなら信頼を勝ち取れ』を紹介しました。

ネットオークションは誰でも簡単に始めることができるのですが、落札者のことを考えてしっかりした対応を心掛けると、やらなければいけないことが結構出てきます。

でも、慣れてきてしまえばその作業も苦にならないと思いますし、ノウハウを習得して人気の出品者となれば大きな利益も見込めます。

先ずは、手を抜かず当たり前のことを当たり前にこなせるように習慣化することが大切です。


※オークション関連の記事
『ネットオークションで稼ぐ方法』
『ネットオークションのジャンル別売れ筋商品』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『ネットビジネスの稼ぎ方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら

記事作成のネタ作りに活かせる12のコツ

ネタ切れは視野の偏りから生まれる


ブログ運営をしていると、殆どの人が必ずと言っていいほど直面するのが「ネタ切れ」です。

特にブログで収入を得ようとしているわけではなく日記や趣味を綴っていても、長期間の運営の中では「ネタ切れ」を感じることがあるのですから、ネット収入を得る為に運営ブログのコンセプトを定め、日々良質のコンテンツ作成を目指すとなれば、制限される項目が多く尚更「ネタ切れ」に陥りやすいと言えるでしょう。


ブログ運営を長くしていると、魅力的な文章の作り方や検索に有効なキーワードの組み込み方などは徐々にスキルアップしていき、テクニック面での能力は必ず向上していきます。

しかし、テクニックが付いた分ブログ記事の作成を繰り返していると「もっと読者の興味を引くテーマは何か?」「もっと読者が精読できる魅力的な記事を作りたい」と言うように逆にテクニックが記事作成を邪魔することも少なくありません。


ネタの探し方はブロガーによって千差万別ですし、運営ブログのコンセプトなどによってもネタ探しの違いに影響することがあります。

ブログ運営の為の知識が蓄積され記事作成のテクニックも向上することで、ブロガーとしてのスタイルが構築されてきます。
但し、スタイルに拘りすぎると自分の思考領域を狭める危険性が生じ、記事内容に徐々に偏りが見られ、結果「ネタ切れ」になってしまうのです。


あなたはどんな方法で日々のネタ探しをしていますか?

「ネタ切れ」になった時に活用するツールや情報などはありますか?



私自身もネタ切れに陥ることはあります。
しかし、色々な方法を試しながらブログ運営をしている内に、情報の探し方や蓄積の仕方に慣れてきたのか、昔のように頻繁に「ネタ切れ」に陥ることはなくなりました。


もし、あなたが「ネタ切れ」になったら「視野が狭まっているのではないか?」「何かに固執しすぎているのではないか?」と客観的に自分を見つめ直してみて下さい。

独自スタイルの呪縛から解放されるだけで、案外自分の周りには良質のコンテンツを作成できるネタがゴロゴロ転がっていたりします。

「今までなぜ気付かなかったのか・・」と目から鱗の状態になることも多いのです。





記事作成のネタを捻り出す12のコツ


日常をネタにする


1、自分や読者が困っていることはないか
自分や読者、或は友人が今困っていることはありませんか?
人間は共通の悩みを多く抱えています。その悩みや解決方法をネタにすることで共感が持てる記事作成ができるかもしれません。


2、実は新たな発見をしていないか
今までのブログ運営やネットビジネスで発見したノウハウなどはありませんか?
また、日常生活の中でも日々何かしらの行動をしていれば発見はあるはずです。
気にも留めなかったことでも、記事にしてみると読者にとって大きな発見になる可能性もあるのです。


3、自分の習慣を見直してみる
あなたにとって普通のことでも、他人にはとても有益な情報になることもあります。
なぜ習慣になったのか、どのようにすれば今後習慣にできるのか、なども記事内容に加えながら魅力的な記事を作成してみましょう。




運営しているブログからネタを得る


4、過去の記事を見直す
過去の記事は情報が古くなっている可能性があります。
そんな時は、新たな情報を基に記事を作り直しましょう。また、定期的に記事を見直すことで新しいネタが思いつくことも少なくありません。


5、検索キーワードを見直す
あなたのブログがどのようなキーワードで検索されているのか、或はキーワードツールで現状の人気キーワードは何なのか、などを確認しましょう。
あなたが書くべきテーマそのものが見つかるかも知れません。


6、アンケートをとってみる
読者が必要とする情報が何なのか?それは読者自身から入手することが最も手っ取り早いと言えます。
運営ブログを活用してアンケートを実施して、読者の欲している情報や傾向を入手してみましょう。




定番ネタを記事にする


7、比較対象を探してみる
人気ある旬の物品や情報をピックアップして比較・検証を記事にしてみましょう。
購入や契約を検討しているユーザーにとっては有益な情報となります。


8、クイズを出題する
クイズを出題することで読者と一体感が持てるようになりコミュニケーションが図れます。
また、回答を後日記事にすることで記事数を増やすこともできます。




他のブロガーを参考にする


9、他のブログ記事から情報を入手する
あなたのサイトと類似するジャンルの記事を読んでみましょう。
良質な記事であればあるほど様々な気付きを得られるはずです。


10、他のブログ記事へコメントする
あなたが興味ある記事には積極的にコメントしてみましょう。返信コメントから得られる情報もあるはずです。
また、ブロガー同士のコミュニケーションも図れるので一石二鳥です。


11、良質の記事やブロガーを紹介する
あなたが本当に有益と感じた記事や、リスペクトできるようなブロガーを紹介した記事作成もネタ作りの手法の一つです。


12、更に詳細な記事を作成する
他のサイトの記事より、あなたの方が実績やノウハウがあるのであれば更に詳細な記事作成をしてみましょう。
同類のテーマでより完成度の高い魅力的な記事作成ができるかもしれません。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『稼げるブログの作り方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら