フリーメールサービスを比較

フリーメールアドレス取得のメリット


・どのパソコンからでもアクセスでき、簡単に利用できる。

・プライベートメールと区別して利用ができる。

・スパムメールを気にせず、様々なサービスへ登録できる。


などの利点が挙げられます。





管理人おすすめのフリーメールと特徴


・Yahoo mail  最大容量1GB
快適性も評価されている高機能大容量フリーメールです。 携帯メールと連動させて使うことができます。 ひとつのYahoo ID で使えるメールアドレスは一つだけですが、セーフティアドレス機能でメールアドレスを増やすこともできます。 またヤフー以外のメールをヤフーメールで送受信することができます。 振り分け機能もぜひ活用したいところです。 添付ファイルは1通最大20MBまでOKです。

・Gmail 最大容量7.5GB
Google が無料で提供している大容量の高機能ウェブメールです。 容量は日々増量中です。 添付ファイルは1通最大20MBまでOKです。

・goo mail 最大容量2GB
以前はサーバーが不安定でしたが最近は問題なしです。最終ログインから6ヶ月というアカウント有効期限があります。 有料版の goo アドバンスなら、有効期限もなく容量も5GBです。

・livedoor mail 最大容量7GB
2007年8月より Gmail のシステム採用。メールアドレスは、livedoor ID@livedoor.com になります。

・Excite mail 最大容量4MB
ExciteID の取得から。6ヶ月ログインなしの場合IDごと削除。 1通あたりの容量制限1MB。

・inter7 最大容量250MB
高機能。スパム対応、商用利用可(メール本文に広告もはいりません。)。転送10ヶ所OK。携帯対応。



メルアドの一部は自分で設定できますので、複数作成の場合は管理しやすいアドレスにした方が良いでしょう。

用途に応じて使い分けできるように、最低でも2~3個は作成することをおすすめします。


※ネットで稼ぐ為の事前準備については『Lv4 ネットで稼ぐための事前準備』をご確認下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント