アフィリエイトで稼ぐなら広告掲載は最小限に

WEB広告は多くの人が邪魔だと感じている


アフィリエイト初心者などの傾向として、ついつい必要以上に多くの広告を掲載してしまうことが挙げられます。

「沢山の広告を貼っておけば、どれか購入してくれるだろう!」
「広告の数が多い方が成約の可能性も高くなるだろう!」


と、ブログを訪問するユーザーのことはあまり考えずに、安易に自分の利益だけを考えてしまうわけです。


あなたも広告だらけのブログを目にしたことがあるのではないでしょうか?

このようなブログはコンセプトがわかり難く、何を伝えようとしているのか理解できないものが殆どです。


ネットユーザーの多くはサイトやブログへ掲載されているWEB広告を「邪魔」と思っているようです。

なぜかと言うと、ネットユーザーは何らかの目的があり、何らかの有益な情報が欲しくてサイトやブログを訪問するわけですから、目的以外のものは「邪魔」なものと感じてしまうのです。

先ず、ブログを利用してアフィリエイトで稼ぐなら、訪問してくれたユーザーは広告を探しにアクセスしたわけではないと言うことを理解しなくてはいけないのです。


アフィリエイト広告は利益に直接繋がるツールではありますが、ブログを活用してアフィリエイトで稼ぐには、どのようなコンセプトのブログで、どのような情報発信をしているのかを明確にしなくてはいけません。

更に、発信している情報が訪問したユーザーに有益なものでなくてはいけませんし、解りやすいものである必要があります。


したがって、1ページに掲載する広告はできるだけ少なくし、訪問したユーザーが求めるものが探しやすいようなブログ構成にすることが、結果的には稼ぐコツであると言えます。





適正な広告の掲載量とはどの程度か?


WEB広告がネットユーザーから敬遠されると言っても、アフィリエイトで稼ぐには広告の掲載をゼロにしてしまえば、当然利益が発生しません。

意味もなくアフィリ広告を沢山掲載するのではなく、適正な量で掲載することがポイントとなります。

では、どの程度の量が適正なのでしょうか?


先ず、トップページの広告掲載量はYahooのようなポータルサイトを参考にすると良いでしょう。
Yahooを見てみると、掲載している広告はインパクトがあるのですが、サイト全体の構成を見ると広告の占める割合はかなり少なめです。

やはりYahooの利用者も広告を見るためにアクセスしているわけではないのですから、サイトのコンセプトを重視して、広告は効果の高い位置へ最小限に抑えながら掲載しているのです。


次に個別ページについてですが、この場合は各記事は良質なコンテンツでなければいけません。

良質なコンテンツを作成しようとするのであれば、1記事1テーマが基本となります。

となると、1テーマに関連するアフィリ広告限られてきますし、時にはテーマに関連するアフィリ広告が無い場合もあるでしょう。

ポイントは無理に広告を掲載しようとせず、伝えようとしていることを重視した、バランスの良い構成を心がけることです。


このように大手企業の人気サイトやアフィリエイターの人気ブログなどを参考にすることで、どの程度の広告掲載量が適正かが見えてきます。

特に大手企業のサイトは、その業界のプロが様々な検証結果を基に最も効果的な作り方をしていますので、どのサイトもほぼ同じような割合で構成されていることに気付くはずです。

先ずは、訪問ユーザーから自分のサイト、ブログに対し満足してもらうことを第一に考えなくてはいけないのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『アフィリエイトの稼ぎ方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント