アフィリエイト失敗でよくある6つのパターン

成功者を真似しているつもりが実は間違いだらけ


ネットビジネスと聞いて真っ先にアフィリエイトを思い浮かべる人は少なくないと思います。

それだけアフィリエイトはポピュラーな稼ぎ方で有り、認知度が高い稼ぎ方なのでしょう。

しかし、これだけ多くの人に浸透しているアフィリエイトですが、いざチャレンジしてみて実際に稼いでいる人の割合は、経験者全体の1割程度に過ぎません。

有料・無料の情報商材でノウハウを入手したり、アフィリエイト関連のノウハウ本を入手したりして学んで見ても、なかなか成功者と同様の稼ぎが得られないの事が多いのです。


確かに「ネットの稼ぎ方」に関しての情報には、詐欺まがいの悪質なものもありますから、真似してみても成果が見込めないものもあります。

でも、全てがそうではありません。
まともな情報提供をしている人達も大勢いますし、私自身、多くの有益な情報を参考にしながら今のビジネススタイルを作り上げてきました。(有益でないものにも沢山お目にかかりましたが、、)


成功者の情報を参考にして真似すれば、100%同じような稼ぎを得られるとは限りません。
しかし、少なくとも何らかの成果は見込めますし、知識が蓄積されていくにしたがって自分なりの稼ぐノウハウも生まれてくるはずです。


では、なぜ入手した情報を参考にしても、ネットで稼ぐ事ができない人がいるのか?

実は失敗している人の多くは、真似しているつもりが全く逆のやり方で稼ごうとしている事が多いのです。


全体的に何となく真似しているのでは同じようには稼げませんし、根本が少しズレただけで後に大きな違いに繋がってしまいます。

やはり、基本であればあるほど成功者の稼ぎ方から逸脱していないかを細かく検証する必要があるのです。

そして、相違点が発見されたら素早く修正することが求められます。


そこで、今回はアフィリエイトで失敗している人達によく見られるパターンを幾つか紹介していきたいと思います。





アフィリエイト失敗でよくある6つのパターン


人気のないサイト・ブログを量産しても時間の無駄


アフィリエイトで稼ぐにはサイトやブログやメルマガなどの媒体を活用するのが一般的です。

特に多いのはブログです。
ブログサービスは無料で利用できますし、構築が初心者でも比較的簡単にできます。
簡単にできる分、数で勝負しようと殆ど集客ができていないブログの量産に時間を費やす人が多くいます。

しかし、これは時間の無駄です。
人気のないブログを量産しても成果は見込めません。
質の高い記事を作成し、有効なSEO対策で検索上位表示させることができるようになって初めてアフィリエイトの成果が現れます。

単純な量産型では稼げないのです。




不自然にバナー広告が目立ちすぎ


アフィリエイトで成果を出すにはバナー広告やテキストリンクをクリックしてもらい、成約に繋げなくてはいけません。

アフィリエイトで失敗している人に多く見られるのが、バナー広告を兎に角目立つように貼り付けたり、無闇に数多く貼り付けてバナー広告だらけのサイトにしてしまっていることです。

サイトやブログへ訪問するユーザーはバナー広告を見に来ているわけではありません。
何らかの有益な情報を欲してきているのです。
手にした情報に納得して必要であればアフィリエイト広告の情報も入手しようとするわけですから、のっけから稼ぐことだけを目的に意味なくバナー広告を貼り付けることは厳禁です。




ライバルの多いジャンルを狙いすぎている


例えば、ダイエットや生命保険と言ったジャンルは多くの人が興味を示しますし、アフィリエイトでは高単価の報酬が期待できます。

要するにアフィリエイターの中では人気ジャンルなわけです。
しかし、単純に「多くの人が興味を示すだろう・必要とするだろう」と言う理由だけでジャンルを選択してもユーザーが勝手にあなたのサイトを訪れるようなことはありません。

ジャンル選択の前に媒体(サイトやブログ)の構築が必要ですし、紹介する広告の中身をよく知る必要があります。

集客のノウハウと紹介記事の書き方がわかれば、色々なアフィリエイト広告で稼ぐことができます。
その時に初めて人気ジャンルで勝負するのか、逆に不人気のジャンルを独占するのか戦略が見えてくるのです。




サイト・ブログテーマの重要性を無視している


メインテーマや記事テーマは検索エンジンから認識してもらう為にとても重要になります。

あなたがどんなジャンルのアフィリエイトで稼ぐのか、どんなユーザーに訪問してもらいたいのかで最適なテーマは異なってきます。

WEB検索で人気のあるキーワードを全く無視して、誰も検索で使わないニッチなテーマでは多くのユーザーを集客することはできないのです。




広告の商品を不自然に誉めすぎている


掲載するバナー広告から成約に至れば報酬が発生しますから、そのような行動を促す気持ちはわかるのですが、全てにおいて良い事ばかり記事にしても信憑性に掛けますし、裏心が丸見えになってしまいます。

時に幾つかの商品を比較する記事内容も必要ですし、メリットばかりではなくデメリットも情報提供してこそ運営サイトの信頼が高まるのです。




ターゲットが不明確で専門性に欠けている


ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)へ登録すると、様々な企業が広告を掲載しています。
キャンペーン期間中などはアフィリエイターにも色々な特典が付いたり、魅力的なものも多いです。

しかし、紹介する広告のジャンルを絞り込まなければサイトへ訪問してくれるユーザーのターゲットも絞り込めません。

WEB検索してサイトやブログへアクセスしてくるユーザーは特定の情報を探しに、より専門性の高い場所を求めてくるのです。
専門性、情報量、信憑性などに満足したユーザーはリピーターになる可能性も高まります。

あなたが何を情報発信したいのか、誰に見てもらいたいのかを明確にすることは最も大切なことです。




以上、『アフィリエイト失敗でよくある6つのパターン』を紹介しました。

もしあなたがアフィリエイトで上手に稼げていないのなら、どれか該当する項目があるかもしれません。

客観的に自分の取り組みをチェックすることは常に必要です。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『管理人一押しのアフィリエイト商材』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント