ブログ記事更新がサイト評価に与える影響

いつまでブログ更新を続けなくてはいけないのか


効果的な集客を実現し、アクセスしたブログ読者を利益に直結する場所へと導くことによって、私達ブロガーが望むアクションを起こしてもらう事。

この一連の流れが順調に回り始めれば、ブログ運営は成功と言えるでしょう。

このような円滑なサイクルを実現するには、良質なコンテンツを作成し、積上げ読者の信頼を得る専門性の高いサイト構築をする必要があります。

つまり、質の高い記事更新を繰り返さなくてはいけないのです。


一つのブログが稼ぎ出す売上は、作成するブログによって異なりますが、売上の大小があったとしても、一般的なブロガーなら得た成功事例を再現し、効率的に稼ごうとするの普通ではないかと思います。

数の原理で稼ぎを増大させる為に、ブログの複数運営へと動き出すわけです。

しかし、外注などを考えずに、マンパワーでブログの複数運営を実現しようとすれば、数が増大する程に定期的な記事更新は大変な作業になってきます。


そして、ブログ運営にとって定期的な記事更新は重要であるとわかっていても、反面でそもそも疑問に思うこともあります。


ブログ運営は永遠に記事更新の作業を続けなければ、成果を拡大したり持続させることはできないのか?


と言うことです。

実際には、ある程度のページ数を蓄積したブログが記事更新を停止したからと言って、必ずしもアクセス数減少の傾向になるわけではないようです。

また、ある程度のページ数を積み重ねていくと、SEOの効果も頭打ちになる場合があるようなのです。


そもそも、更新を継続することがサイト評価に与える影響を正確に測ることは難しいことではあります。
しかし、記事を追加しある程度のページ数を確保しなくては、特にロングテールSEOの場合においては効果が見込めないのも事実です。


では、記事更新から開放されるには、どの程度のページ数を蓄積すれば良いのでしょうか?





最適なページ数はブログによってまちまち


ブログのコンテンツの内容も、外部要因から受ける影響もそれぞれが異なりますので、やはり一概に何ページ以上の記事を蓄積すればSEO対策の効果を最大限引き出せるとは言えません。

細かな定義はできないものの、大まかにアドバイスするとすれば、SEO対策の効果も読者の満足も得られるようにするには、少なくとも300~700ページは必要になってくるのではないかと思います。


つまり、1日1記事更新したとしても1年~2年程度1日10記事更新したとしても1か月~2か月程度の作業が必要となるわけです。


また、新たに記事を追加することだけが更新作業ではありません。
過去の記事を修正することも更新作業の一つです。

当然、月日が経過すれば提供している情報が古くなり修正が求められることもあります。
新規の記事更新を停止したとしても、ブログ運営をしている限り定期的なメンテナンスは必ず必要となるわけです。


周りのライバルの状況を把握することも大切でしょう。

類似するテーマでブログ運営しているブロガーの平均的なインデックス数を把握する事で、作成するページの目安にもなります。

中にはインデックス数が極端に多いものや極端に少ないものもありますが、定期的に更新してそれなりの成果を挙げていると思われるブログをいくつか確認し、平均的なインデックス数を算出してみるのです。

ライバルブログに勝つには、当然その平均値よりは多いインデックスを認識してもらう為にページ数を積み重ねることが必要となります。




以上、『ブログ記事更新がサイト評価に与える影響』を紹介しました。

「読者に有益となる情報提供が湯水のように溢れ出てくる」という方には、今回の記事はあまり関係のないことだと思いますが、もしブログの複数運営で記事更新が大変な状況になっていたり、長年の運営でネタ切れになっているようであれば、一つの目安として参考にして頂ければと思います。

ただ、ブログの情報量が増えてマイナスになることはありません。更新できる記事があるのであればできる限り記事更新を継続すべきです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『稼げるブログの作り方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント