HTML・CSSの基礎知識は必須

基礎知識を学ぶだけでできることが広がる


極力費用を抑えてサイト運営をするには、構築や更新などの作業を自分でやる必要があります。

ホームページの作成に比べて初心者でも簡単にサイトを持ち、記事の更新ができることから広く浸透してきたブログですが、今は各ブログサービスの機能も充実していて、テンプレートのカスタマイズなどもクリックだけでできるような便利なものもあります。

しかし、初心者向けに簡素化されたサービスのみでは、中級者・上級者と言われるブロガーのブログのような凝ったものを作るのは難しく、ある程度の知識や技術がどうしても必要となります。


サイト運営を継続すればするほど、ブログの読者が増えれば増えるほど、管理者も「もっと凝ったもの、オリジナリティーの高いものを作ってみたい」と思うものです。


その際に避けては通れないのがHTMLとCSSの知識です。


意味不明のアルファベットが並ぶ横文字を見ただけで、頭が痛くなってきそうなのですが、知識が必要と言っても何も熟練のエンジニア並みに知識を極める必要はありません。

私もサイト運営を始めたころは、HTML・CSSの意味すら分かりませんでしたし、いざ知識を習得しようとしてもちんぷんかんぷんでした。。

しかし、「魅力的なサイトを作りたい」「もっと多くのユーザーにサイト訪問してもらいたい」と言う思いから、わからないながらも勉強を継続していく内に徐々に基礎知識が身に付き、自分のサイトでも活かせるようになってきたのです。

高度な知識レベルまでに到達できればそれに越したことはないと思いますが、私の経験上、基本的な知識の習得だけでも全くの素人よりは格段に見栄えのするサイトを作りや、基本的なSEO対策ができると思っています。


初心者の時の私のように、全く知識ゼロの状態の人には少々面倒なチャレンジですが、レベルアップしていく為には避けては通れないことでもあります。

諦めずに頑張れば必ず少しずつ理解できるようになってきます。




HTMLとは


HTMLとはWEB上のドキュメントを記述する為のマークアップ言語の一つです。
マークアップ言語とは、文章の構造や見栄えなどに対して指定を行う言語の事で、マークアップ言語として記述される「<」~「>」で囲まれた文字列をタグと呼びます。
基本的には開始タグの「<タグ>」で始まり、装飾対象のテキストを記述し、最後に終了タグの「</タグ>」で閉じて使用します。

HTML形式のファイルは、大きく分けて二つの要素から構成されます。
一つはページのタイトルや概要説明、キーワードに関する情報を記述するhead要素です。
もう一つはユーザーに閲覧してもらうテキストを記述するhody要素です。
これらファイル全体の要素を合わせてhtml要素といいます。




CSSとは


CSSとはHTMLなどの要素をどのように修飾して表示するかを記述するスタイルシート言語の一つです。
CSSではHTMLで表現できる殆どのデザインを表現する事ができ、幅広いデザイン構築が可能となっています。
基本的にはHTMLとCSSを組み合わせて使用します。




HTML・CSSのお役立ちサイト


初心者の方でもHTML・CSSが解りやすく勉強ができるサイトを幾つか紹介したいと思います。

HTML手打ちで作るホームページ講座

ホームページ作成講座

スタイルシートの基礎知識




以上、『HTML・CSSの基礎知識は必須』を紹介しました。

先ずは何事もチャレンジしてみることが大切です。

知識が少しずつ蓄積されれば、出来ることが増え、発想力も豊かになってきます。

そして、他のサイトと差別化を図ったオリジナルのサイトが構築できるのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント