記事を読みたいと思わせる10のコツ

テーマが記事への誘導を決める


あなたは雑誌やネットへ目を通した時に、ついつい読みたくなる記事へ遭遇したことはありませんか?

その記事を読むために閲覧したわけではなかったのに、何かの感情が刺激されつい読み入ってしまうことは誰しもが経験していることだと思います。

興味を抱く感情的なポイントは人それぞれだと思いますが、目を留めるきっかけになった材料自体は恐らく幾つかのものへ共通するはずです。


何気に雑誌やネットへ目を通している時に、記事の中身まで読むか或はスルーするかの判断材料は写真タイトル記事の長さ著者など共通する幾つかに絞られます。

中でも、タイトルは記事へ引き込もうとする最も強い力を持っているのです。


つまり、タイトル次第では記事内容がどんなにすばらしいものでも、読者を引き込むきっかけを失ってしまう可能性が高くなりますし、逆に記事内容が平凡的なものであったとしても、タイトルの魅力で読者の興味を喚起し他のサイトとは差別化を図ることも可能になってくるのです。




記事へ引き込むタイトルの作り方


1、メリットをアピールする
記事を読めばどのような有益な情報を入手できるのか、或は記事を読むことによってどのような事を学べるのかをタイトルでアピールするれば読者は興味を示します。



2、分かりきったことでも繰り返す
常識的な事を含めたQ&A形式の記事や、特定の情報のまとめ記事などは人気を集めます。
全てが目新しい内容でないものでも十分に利用価値はあるのです。



3、根拠を示せるデータは信頼を得る
記事の情報を裏付けるデータを持っているなら、タイトル内でその文言を活用すべきです。



4、検索エンジンよりも人を優先する
検索上位表示の為に有効なキーワード選択ばかりを意識していると、タイトルが味気ないものになってしまうことがあります。
タイトルを目にするのも記事を読むのも人です。人が読んでどのような感情を抱くかを先ず優先してタイトルを作成しましょう。



5、緊迫感で行動を喚起する
期間を限定することで人は行動力を掻き立てられます。「無料提供終了まで残りわずか!」のようなタイトルは読者へ緊迫感を与えるのです。



6、凡人以下でも可能な事をアピールする
人は楽であることや簡単な事を好みます。反面手に入れられるものは特別なものや高価なものを好みます。
このような特徴を活用すると、例えば「だらしない人でも稼げる驚異の錬金術」のようなタイトルも十分に利用価値はあるのです。



7、読者の感情へ訴える
人間は感情によって行動を左右されます。読者の感情を刺激するタイトルは多くの注目を集めることができるのです。



8、失敗例を活用する
私達は誰でも多かれ少なかれ失敗経験があります。
今注目されているものや、興味あるものに対しての失敗談は例え他人の事であっても活用する価値はあります。
「ある有能な経営者が破産に追い込まれた痛恨のミス」のように自身の事ではなく、他人の情報を入手したものも活用できるのです。



9、問いかけで好奇心を掻き立てる
私達人間は本来好奇心旺盛な生き物です。
タイトルを読者に向けた質問形式にすることで、好奇心を掻き立て記事を読んでもらえる可能性は高まるのです。



10、各要素を二重にして活用する
1~9の要素を幾つか選択し二重、或は三重の活用をすれば、効果も二重、三重で期待できます。
例えば「失敗の理由が明らかになったおかげで、パソコンが苦手だった私にもできた超シンプルな稼ぎ方!」のようなタイトルです。




以上、『記事を読みたいと思わせる10のコツ』を紹介しました。

私達ブロガーにとって魅力的なタイトルを作り続けることは決して簡単な事ではありませんが、今回の10のコツを参考にして有効なコンテンツマーケティングを意識して頂ければ幸いです。

※テーマ・文章作成には以下の記事も参考にしてみて下さい。
『優秀なライターになるための35の心得』
『ライティングを上達させる5つの秘訣』
『説得力ある記事を作る5つの技術』
『優れたストーリーで購買意欲を高める』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『稼げるブログの作り方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント