げん玉が稼げる本当の理由とは?

げん玉が稼げる本当の理由とは?


私がネットビジネスの収入源として、不労所得の大きな割合を占めているのが「げん玉」です。


「げん玉」の登録会員数は330万人を突破し、多くの方々が稼ぎ方をサイトやブログ或いはブログで紹介しています。


私や、他の「げん玉」利用者の限られた人達は稼ぎやすさを実感し、実際に月数十万円単位で稼げています。



しかし、大半の方々は「稼ぎやすい」と紹介していても、「実際にはあまり稼げていないのでは?」と疑問に思うこともあるのです。
(恐らく、本当にしっかり稼げている人はやはり限られた人だと思います。。)



なぜなら、「本当の稼ぎやすさ」「本当の本格的な稼ぎ方」を紹介しているサイトは少ないからです。



「本当の稼ぎやすさ」を知らなければ、当然「本当の本格的な稼ぎ方」は紹介できません。



そこで、今一度「げん玉」本当の稼げる理由について紹介していきたいと思います。




1、げん玉のサイト内掲載企業数は1500社以上


稼げるポイントサイトを見極めるためには、掲載企業の数は最も重要なポイントです。
掲載企業数が多いという事は、それだけポイント獲得できるサービスが多いと言う事です。

1500社全ての掲載サービスを消化するのではなく、1500社の豊富な掲載サービスから稼げるものを抜粋して消化していくのです。


抜粋のポイントは

・還元ポイントが高いもの

・承認が早いもの

・無料でポイント獲得できるもの

・手続きが面倒ではないもの


です。


この条件に照らし合わせてサービスを消化していけば、1日~1週間程度で1万円以上、1ヶ月10万円以上稼ぐことも可能になってきます。


※詳しい稼ぎ方は

『Lv8 即金で1万円稼ぐ方法』『Lv9 ネットで月10万円稼ぐ方法』で紹介していますので、ご確認下さい。




2、げん玉以外のサービスもサイト内で連携されている


「げん玉」は株式会社リアルワールドが運営するポイントサイトです。

「げん玉」へ登録した方は、「げん玉」サイト内からリアルワールドが運営するゲームやコミュニケーションサイトなどへ移動することができることをお気付きだと思います。

その中の一つに在宅ワークができるサイトも連携されています。

それが「クラウド」です。

「クラウド」は口コミレビューの投稿やWEBチェック作業などの在宅ワークが簡単に始められ、お金を稼ぐことができるのです。

「げん玉」へ登録していれば誰でもすぐに始められるお手軽な在宅ワークです。勿論、ノルマもありませんから、自分の好きな時間にマイペースで稼ぐことができます。

本格的に「クラウド」で稼いでいる人は毎日5千円~1万円程度の収入を得ています。

このようなサービスの連携は他のポイントサイトには無い特典なのです。


※簡単な在宅ワークの始め方は

『Lv10 1分で始められる在宅ワーク』で紹介していますので、ご確認下さい。




3、友達紹介が3ティア制だから不労所得が稼ぎやすい


ポイントサイトで本格的に大きく稼いでいる人は、多くの友達紹介(ダウンライン)を獲得しています。

「げん玉」はポイントサイトの中で唯一3ティア制を実施しています。

直接紹介した友達からのポイント還元だけではなく、紹介した友達が獲得した友達(孫)の稼いだポイントまで還元されるのです。

直接の友達からは獲得ポイントの最大35%が還元されます。
また、友達の友達(孫)の獲得ポイントの最大12.25%が還元されます。

ポイントサイトで大きく稼いでいる成功者のほぼ全員が、数千人規模で友達紹介をしています。

友達紹介を毎月数百人単位で増やす仕組み作りができるか否かが、ポイントサイトで本当に稼げているか否かの分かれ目なのです。




以上、この3つに重点を置き、サイトやブログなどで上手に紹介していかなくては、継続的な不労所得は拡大しません。

また、最終的には友達紹介の増加へ繋げていかなくては、一過性の稼ぎになってしまいますから、サイト、ブログ訪問者へ「げん玉」へ登録後もしっかり稼げるような丁寧なナビをしなくてはならないのです。

先ずは、自分が本当に「げん玉」稼ぎやすさを実感し、真実の成功体験を丁寧に情報提供していくのです。

そして多くの友達に自分と同じように、本格的に大きく稼いでもらうことが巡り巡って自分への恩恵として跳ね返ってくるのです。



最強ポイントサイト「げん玉」の登録はこちらから↓
ここから登録するだけで250ポイントが貯まります!





閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『半年で友達紹介1000人獲得する方法』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント