有効なコンテンツをつくる4つの方法

有効なコンテンツをつくる4つの方法


有効なコンテンツを作り、コンテンツマーケティングを展開していくことは、ここ数年で最も効果的なSEO対策として認識され始めています。



つまり、ブログを活用してネットで稼ごうとするのであれば、あなたは優秀なコンテンツマーケッターである必要があるのです。



しかし、ネットビジネス初心者が常に有効なコンテンツを作り続けることは、簡単なことではありませんし、ネットビジネス中級者や上級者でさえ、時に行き詰ることは多々あります。




そこで、今回は有効なコンテンツを作るための基本的な考え方を幾つか紹介したいと思います。





1、読者の体験を形成することから始める


コンテンツマーケッターとして最初にやるべきことは、あなたが何をマーケットするのかを選択することと、それが読者の求めるものとフィットするものであるのかを確認することから始まります。

例えば、あなたが求める読者がネットビジネス初心者の方々中心であるとすれば、初心者でも簡単に実践でき、比較的容易に読者の利益に繋がりやすいコンテンツを提供することがポイントです。

つまり、ネットビジネス初心者が体験しやすいストーリーを構築することが大切なのです。




2、あなたの人格と情熱も重要な要素


人格や情熱を前面に押し出したコンテンツとは、読者にとって押し売り的なものとは異なります。

私の場合は、多くのネットビジネス初心者の方々に、なるべく短い期間で実際にネットで稼いでもらい、いち早く初心者の域を脱してもらいたいと考えています。

その為に、私が経験したものや、仕入れた情報などを初心者でもわかりやすい内容に噛み砕き、情報量の豊富さにも満足して頂けるようにコンテンツを作成しています。

少々オタクっぽくなるくらい、細部に入り込んだコンテンツを作ることは、読者を引き付けるだけでなく、専門性が高くなる分、SEO的にも効果を発揮してきます。




3、読者の欲しいものを決め付けてはいけない


読者の立場になって、何を欲しているのかを考えるのは大切なことです。
しかし、自分が情報発信者であるからと言って、読者の立場より上であると勘違いすることは絶対にしてはいけません。

読者を強制的に一つの結論だけへ誘導するような内容の記事は、良いコンテンツとは言えません。

例えば、ネットの稼ぎ方は幾通りもあるわけですから、何か一つの稼ぎ方だけを強要するようなサイトは読者にとって有益になるとは限らないのです。

良い情報を豊富に、そして細部に至るまで紹介することが私達の仕事であって、最終的に欲しいものを決めるのは読者自身なのです。

読者へ欲しいものを教えるのではなく、読者自身が欲しいものを決めやすいようなコンテンツ作りを心がけましょう。




4、読者がどのような行動をするのか知る


これはあなたの運営するサイト内で、読者がどのような行動をとるのかという事です。

あなたのサイト内で、読者はどのようなコンテンツに興味を持ち、逆にどのようなコンテンツには興味を示さないのかを知ることが大切です。

サイト内の読者の行動を知るには、アクセス解析ツールを活用することで様々な分析ができます。

行動を分析することで、より有効なコンテンツの作成に役立てられますし、有効なものへと修正が可能になります。

※アクセス解析については『アクセス解析で重要な5つの指標』を参考にして下さい。




以上、『有効なコンテンツをつくる4つの方法』を紹介しました。

コンテンツビジネスを深く追求することで、ネットで稼ぐ為の成功法を作り上げる可能性が限りなく高まります。

是非、あなたも良いコンテンツを作り上げて下さい。




閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。



NEXT >『ネットビジネスの稼ぎ方まとめ』

関連記事






覆面調査モニターの謝礼で稼ぐ方法!
>>レビューはこちら


コメント

コメントの投稿

非公開コメント